徹底比較 日米潜水艦

日米潜水艦 徹底比較

Add: ovytixu71 - Date: 2020-11-28 21:18:07 - Views: 9692 - Clicks: 3827

Navy in World War II. 徹底比較日米潜水艦 : 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 <「歴史群像」太平洋戦史シリーズ 63> 出版社 学習研究社 刊行年 年. トップ>徹底比較日米潜水艦 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史. そうりゅう型は信頼性と性能の両面でバランスが取れており実績もあります。オーストラリア海軍としてはそうりゅう型が良かったというのが本音でしょう。また、日本だけでなくオーストラリアと同盟を結ぶ米国としても、オーストラリアがそうりゅう型を選んでくれれば願ったり叶ったりでした。 しかし、国としてはそうりゅう型潜水艦を選べない理由が色々とありました。 まず、親日派政権から親中派政権に変わってしまったのが一つ。日本の潜水艦を購入するということは、日本とオーストラリアの軍事的な結びつきが強まるということ。日本に敵対的な中国としては面白くありません。オーストラリアに外交圧力をかけ、次期潜水艦にフランスが選ばれた中国外交の勝利報道するメディアまで現れています。 次に、国内世論の反発。前親日政権は次期潜水艦を国内で作ることを約束し、雇用を創出することを約束しました。しかし、そうりゅう型潜水艦を選んで完成品を輸入するとなればこの約束は果たされません。前政権が失脚した要因の一つともされていますが、新政権としては前政権の失敗を繰り返したくないという気持ちは強かったでしょう。 フランスの潜水艦は中国を刺激せず、国内の雇用創出も果たせる。一石二鳥の最も有力な案だったのです。. 1938年に建造され1941年まで試験された水中高速実験潜水艦第71号艦や甲標的などの開発経験を元に 1943-44年のマル戦計画により太平洋戦争末期に建造された潜水艦。潜航時の船体抵抗を抑えた設計、ドイツより技術導入した溶接に適した高張力鋼St52による全溶接船体構造 、そして建造期間短縮と大量建造に適するブロック建造を取り入れ毎月1隻の完成を目標としていた。23隻が計画され、8隻が起工、1945年(昭和20年)3隻が就役したが、実戦に投入されることなく終戦を迎えた。水中高速航走時の安定性や故障の多い主機関、多量に搭載された蓄電池の整備性・信頼性等が未解決のままであった。終戦後は2隻がアメリカに運ばれ調査の対象となった。また、後に建造されるおやしおの設計に影響を与えたといわれている。.

97 税込&92;2,200 品切れ. ボーフィン (USS Bowfin, SS/AGSS-287) は、アメリカ海軍の潜水艦。 バラオ級の一隻。 1944年 8月22日、沖縄からの学童疎開船「対馬丸」を撃沈した潜水艦である。. 基本計画番号はS563。水中高速航走性能の追求のため、極力の抵抗低減がなされた。船体や艦橋は流線化設計され、外舷で使用する機器や儀装装備などの突起物は起倒式にする、もしくは簡素化が図られた。上構の注水孔やアンカーレセスなどにも整流板を設け、船体下部のビルジキールは廃止された。砲の搭載はせず、艦橋前後の25mm単装機銃は潜航中には格納スペースに収容された。 主機は第五十一号型駆潜艇に採用されていたマ式ディーゼルを潜水艦用にしたもの(1375馬力)を2機搭載、電動機は4機の特E型電動機(1250馬力)を1軸につき2機を直結した2軸推進を採用した。 巡航用小型電動機は搭載しておらず、代わりに大出力電動機(1250馬力×4)と推進器の間に減速装置を設け、推進器回転数を調整することにより推進効率向上や水中航走時の蓄電池の電力節減を図るよう計画していた。しかしながら、減速装置については騒音問題を解決できなかったことから設置は見送られ、推進器と電動機は直結とされた。 日本の潜水艦としては最初にブロック建造方式を取り入れた全溶接船体構造を採用した潜水艦である。船体は甲標的や第71号艦の経験を生かし単殻構造となり予備浮力は最低限の12%とされた。そのため急速潜航時間は30秒とされた。. 63 「徹底比較 日米潜水艦」』学研、年。 ISBN。 大塚好古『【第9部】戦時における日本潜水艦の戦備とそれに伴う発達』。 注釈. 大塚好古「米海軍「艦隊型潜水艦」の完成型シリーズ」「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」『歴史群像太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、isbn. 【tsutaya オンラインショッピング】徹底比較 日米潜水艦/ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本・漫画. · 【韓国 vs 日本 潜水艦】比較するのもかわいそうww 韓国人は眺めるために買ったのか?ww ≪話題チェックの関連動画≫ 【韓国崩壊】いよい. 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ.

円(税込)人文・思想・社会 / 科学・技術. バラオ級潜水艦(バラオきゅうせんすいかん、Balao class submarine)は、アメリカ海軍の潜水艦の艦級。 本級はガトー級潜水艦の改良型であり、第二次世界大戦において運用された艦級の中でも成功した設計の艦級であった。. 日米共同開発 icbm迎撃実験成功 8.

大塚好古「米潜水艦の兵装と諸装備」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、173-186頁。 ISBN。 外部リンク 徹底比較日米潜水艦 - 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. まずは規模の比較。 艦船は日本の海上自衛隊が48隻なのに対して中国人民解放軍は73隻、潜水艦は海自16隻、中国軍63隻と中国側に軍配が上がる。. 学研歴史群像太平洋戦史シリーズ63「徹底比較 日米潜水艦」 今回の特集は日米両海軍の潜水艦の発達史で潜水艦の揺籃期から第二次大戦末期頃までの体系的な流れを把握出来ます。. 徹底比較 日米潜水艦 アルゼンチン潜水艦沈没に新証言 12. 一部報道で「フランスの潜水艦は航続力でそうりゅうに優っていた」という報道がなされています。基本的には「国内生産の課題や外交問題を避けるため」というのが主な理由と推測されますが、この件についても少し考えていきましょう。 豪州にフランスが提案したバラクーダ型はそうりゅうよりもやや大型の潜水艦がベースになっています。そのため、純粋に燃料が増えるという可能性が考えられ、燃料が増えれば当然ながら航続力も大きくなるでしょう。しかし、単純に「大きい船が欲しかった」という結果では納得がいきません。 そこで、AIP機関に注目してみます。 フランスで開発された運用実績のあるAIP機関は「エタノール燃焼+ガスタービン方式」です。この方式は単純にエタノールを燃やして水蒸気を温めガスタービンを回して発電するという手法で、単純に「熱量の割に排気が少ない」というのがメリットです。一方、デメリットには「燃料がディーゼル機関と互換性がないこと」と「ガスタービンで音が出る」という点にあります。 一方、そうりゅう型が採用しているスターリング・エンジンは「熱効率と静粛性」に優れた機関となっていて、特に「燃料当たりのエネルギー生成功率」が高いのがポイントです。デメリットは「極端に出力が低い」という点にありました。つまり、燃費は良くても遅いのです。速度が上がれば上がるほどノイズが出やすくなり被発見率が高まります。そのため、隠密行動中はスターリング・エンジンで出せる速度が出れば十分で、戦闘時には騒音の出るAIP機関は止めて電池だけで航行するため、開発当初は大きな問題になるとは考えられていませんでした。 加えて、静粛性に関してはガスタービンとスターリング・エンジンでは、騒音の種類(ガスタービンは高周波、スターリング・エンジン低周波)という違いがあるため、技術次第で差は縮まるか逆転する可能性があります。 このように、スターリング・エンジンの低出力はかなり早い段階から指摘されており、AIP機関を使った長時間潜行による「航続距離」ではフランスの潜水艦が優れている可能性が高いです。また、スターリング・エンジンの体積が大きいために燃料スペースが小さくなった可能性も否定できず、場合によってはそうりゅうに艦体サイズほどの航続力がない可能性もあります。 さらに、もう一点。そうりゅう型の後期型ではスターリング・エンジンが撤廃. ポーパス級潜水艦(ポーパスきゅうせんすいかん Porpoise class submarine)は、1930年代後半に建造されたアメリカ海軍の潜水艦の艦級。 ドイツ Uボート の流儀を取り入れた一連の Vボート から一転して、アメリカ海軍が 日本海軍 潜水艦への対抗を視野に入れて.

大塚好古「ワシントン軍縮条約下における米潜水艦の発達」「ロンドン軍縮条約下の米潜水艦の発達」「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」「米潜水艦の兵装と諸装備」『歴史群像太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社. See full list on wpedia. 166–172。 ISBN。 外部リンク 編集 navsource. 567 アメリカ潜水艦史』海人社、年; 大塚好古「ロンドン軍縮条約下の米潜水艦の発達」「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」『歴史群像太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、isbn. 大塚好古「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、pp. 日本海軍の伊400型(潜水空母)が、戦後のアメリカ軍の原子力潜水艦に多大な影響を与えた、と聞きますが(SLBM搭載戦略型原潜)、 寧ろナチスがUボートにV2ミサイルをコンテナに積んで牽引しアメリカ西海岸を攻撃しようとした計画のほうがSLBM型潜水艦に近いと思うのですがどっちの影響が.

See full list on stonewashersjournal. 63 徹底比較日米潜水艦:x: 62 帝国の艦船:: 61 三式戦「飛燕」・五式戦:: 60 本土決戦:: 59 ソロモンの激闘:: 58 アメリカの戦艦:: 57 帝国海軍 艦載兵装の変遷:: 56 大戦末期 航空決戦兵器: 4-05. 徹底比較日米潜水艦 戦略構想を具現化した. 歴史群像太平洋戦史シリーズ63号 『徹底比較 日米潜水艦』 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 ISBN/X. 大塚好古「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」「米潜水艦の兵装と諸装備」『 歴史群像太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、isbn. 123,124,125,144 、The Official Chronology of the U.

以前掲載した記事では、フランス製潜水艦の性能はそうりゅうに及ばないだろうと推測していましたが、新しく分かった情報では最新型のウォータージェット推進などを取り入れた高性能なモデルになると予測されており、性能的にもそうりゅう型潜水艦に並ぶものになると考えられます。 ただ、オーストラリアの造船技術を考えると、どこまで仕様通りの性能が出るかは疑問です。また、フランスは原子力潜水艦の運用国家であり、小型の通常動力型ならともかく、原子力潜水艦で代用が可能な大型のそうりゅう型クラスの通常動力型潜水艦の運用実績は殆どありません。そのため、今回のような大型の通常動力型潜水艦は「輸出」と言うよりは、「豪州に対する技術提供」に近いものになるでしょう。 フランスがなんでもやってくれるわけではありません。オーストラリアの技術がどこまで進歩しているかは未知数ですが、欠陥だらけのコリンズ級潜水艦の二の舞になる可能性は高いです。 一方、性能だけを求めるのであれば、通常動力型最高峰と目されるドイツの潜水艦を選ぶという手がありました。しかし、そうではなくフランスの潜水艦を選んだということは、性能以外の別のポイントを重視したということです。そうりゅう型の性能が不足していたということではないでしょう。. 徹底比較! 毎日つかえる就寝時の着圧ソックスおすすめ商品14選. 21日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本と韓国の軍事力を比較する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまな. 63) (日本語) ムック – /12/1 5つ星のうち4. 徹底比較日米潜水艦 (〈歴史群像〉太平洋戦史シリ-ズ) 戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 学研プラス /12出版 191p 26cm ISBN:NDC:556. ^ a b c 大塚好古撮影・解説「THE USS BOWFIN (SS-287)」『徹底比較 日米潜水艦』(年取材時) ^ Béryl (AD305) ^ 「USS BOWFIN, Part 1」p. 日米潜水艦 徹底比較(ヤフオク! )は1件の入札を集めて、/11/06 10:32に落札されました。.

日本の努力は報われず、4兆円規模の契約を獲得することはできませんでした。このままでは、日本初の武器輸出も叶いません。本来ならば非常に残念な出来事ですが、ほっと胸を撫で下ろす防衛関係者は多いです。 オーストラリアは中国と深い関係があり、経済的にも中国に依存し、軍港近くの港を中国に貸し出すなど便宜を図っているほど、かなり親密です。そのオーストラリアに先端技術の塊である潜水艦を輸出すれば、日本の軍事技術が中国に流出するリスクが高まります。 しかも、技術流出の保険として1世代前の技術を使ったダウングレードモデルを輸出するのではなく、最新技術を惜しみなく使った本当に最新の潜水艦を輸出しようとしていたのです。海自の関係者や安全保障の担当者からすれば気が気では無かったでしょう。 そういう面から考えれば、オーストラリアがフランスの潜水艦を選んだということは良かったことなのかもしれません。. 徹底比較日米潜水艦―戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史 (歴史群像 太平洋戦史シリーズ Vol. 商品の説明 歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦戦略構想を具現化した艦隊型サブマリン発達史学研 年1月発行目次2c color photo document―日米海軍の艦隊型潜水艦の系譜 part-1 アメリカ海軍の艦隊型潜水艦の系譜 part-2 日本海軍の艦隊型潜水艦の系. オーストラリア側が語る日本の敗因は「日本の熱意が足りなかった」とするものでしたが、本当に熱意は足りなかったのでしょうか? 確かに、「オーストラリア国内で作らない」「技術開示は一部のみ」など、日本側が絶対に譲れない部分はありました。しかし、未だに設計段階のドイツやフランスの潜水艦と違って日本の潜水艦は運用中の完成品です。しかも、輸出用のダウングレード設計ではなく、自衛隊が使っているモデルと殆ど遜色のないもの輸出するとしていました。 官民が一体となって売り込みを行い、少なくとも日本サイドが出来る最大限の「熱意」は見せたと見ても良さそうです。事実、オーストラリア側に好条件過ぎるとして、日本の安全保障の専門家などからは批判されていたほどでした。 では、何が足りなかったのかというと、日本に足りなかったのは「武器輸出のノウハウ」でしょう。 オーストラリアへの輸出では、「国内で作りたい」という気持ちが強く、そのニーズを満たせる手段を提供できなかったのが敗因です。考えられる手段としては、日本の高い技術を駆使した鋼材や電子機器を使わないダウングレードモデルを新しく設計し直し、オーストラリアの技術力で作れるようにしたある種の劣化版そうりゅうを提供するという方法もあったでしょう。 しかし、これから設計して作ろうという段階のドイツやフランスと違って、設計済みのモデルを建造中・運用中でダウングレードモデルの設計実績もない日本にとってはかなり厳しい要求です。. 中国のポータルサイト・百度に9日、「日本の海上自衛隊はどうして対潜能力がこんなに強いのか」とする記事が掲載された。記事は、海上自衛隊.

大塚好古「米海軍「艦隊型潜水艦」の完成型シリーズ」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年、149-155頁。 isbn。. 大塚好古『日本潜水艦各型主要目一覧』。 『歴史群像太平洋戦史シリーズVol. · 日本の潜水艦とアメリカの潜水艦はハードは大差ないものの戦果がなんで違うんですか。日本の潜水艦は甲型、乙型などアメリカのガトーやパラオと比べても遜色がそんなにないと思いますが、戦果が全く違います。日本は大量の商船を沈められただけでなく正規空母、戦艦、巡洋艦、挙げ句の. 大塚好古「太平洋戦争時の米潜の戦時改装と新登場の艦隊型」『歴史群像 太平洋戦史シリーズ63 徹底比較 日米潜水艦』学習研究社、年。 ISBN。 外部リンク 編集 navsource.

徹底比較 日米潜水艦

email: tihut@gmail.com - phone:(150) 259-5804 x 3253

オランダ人「慰安婦」ジャンの物語 - ジャン ラフ=オハーン - 山田憲太郎

-> 未来を変える受験勉強 - 菅原智
-> チビ太な毎日 - 山川マンボウ

徹底比較 日米潜水艦 - わざアリっ もりちかこ きわみちゃん


Sitemap 1

ニルスのふしぎなたび - セルマ・オッティリアーナ・ロヴィサ・ラー - 岩崎英二郎 ドイツ語 不変化詞辞典